あ、ビハククリアの販売店はどこ?薬局やロフトでも購入できるの?

話題のビハククリアは街の販売店でも購入できるのか、薬局やドラッグストア、ドンキ、ロフトなどの店舗を調査しました。調べてみると、ビハククリアは薬局などの店舗で購入できないので、公式サイトから購入するのがおすすめです。

ビハククリア

SNSで話題のビハククリアは街中の販売店でも購入できるのか、ドラッグストアや薬局、ドンキ、ロフトなどを調査しました。

調べた結果、ドラッグストアなどの販売店で買えないのでネット通販の公式サイトから購入することになります。

>>ビハククリアの公式サイトはこちら

ドラッグストアなどの販売店を調査

・ドラッグストアや薬局は?
サンドラッグやマツキヨ、ウエルシア、スギ薬品、セイムスなどを調べたところ、ビハククリアを取り扱っている販売店はありませんでした。

・ドンキやロフトは?
ドンキやロフトを調べたところ、ビハククリアを取り扱っている販売店はありませんでした。

ビハククリアは、ドラッグストアや薬局などの販売店で市販されていませんが、公式サイトなら確実に購入できます。

また、ドラッグストアなどの販売店で市販された場合でも、最安値は公式サイトになると思います。

(ビハククリアの購入は公式サイトがおすすめ!)

ビハククリアの公式サイトには、大変お得な定期コースがあります。

・ビハククリアの定期コース
通常7,500円+送料700円のところ、初回76%オフの1,800円送料無料で購入できます。

さらに、2回目以降も34%オフの4,980円のため、ドラッグストアなどの販売店で買えなくても、お得な価格で継続できます。

・30日間返金保証付き!
ビハククリアの定期コースは、30日間返金保証が付いているので、迷っている方でも安心してスタートできます。

>>ビハククリアの公式サイトはこちら

ビハククリアの@コスメ上の口コミは?

ビハククリアは、SNSでも話題沸騰中の商品ですが、@コスメ上の口コミはどうなのか調査しました。

(@コスメ上の口コミを調査!)

・@コスメを調べた結果
@コスメを調べたところ、ビハククリアの商品情報や口コミの掲載がありました。

@コスメ上にあるビハククリアの口コミは、確認した時点で6件ほどでしたが、全て星5個以上と高評価です。

また、@コスメ上の口コミの感想は、使って間もない人の口コミがほとんどのため、@コスメ以外からビハククリアの口コミを調査しました。

(@コスメ以外の口コミ)

・ビハククリアのおかげで肌にハリがでて、徐々に濃いシミが薄くなっています。

・肌に透明感がでてきたので、今後もビハククリアを継続して美白を目指します。

・ビハククリアを始めたら、シミの発生が以前より減ったと思います。

・肌の乾燥が気にならなくなり、化粧のノリが良くなりました。

@コスメ以外でビハククリアの口コミを調査した結果、『肌にハリがでた。』や『乾燥による悩みが減少した。』などの感想が多く、美白ケアを実感している人も多いようです。

(ビハククリアの口コミを調査した結果)

@コスメや色々なサイトでビハククリアの口コミを調べたところ、効果を実感している人が多いので、評判は本当に良いようです。

・コスパが良い!
ビハククリアは、美白ケアや化粧水、乳液、保湿クリーム、美容液、パック、化粧下地、アイクリーム、マッサージクリーム、デコルテクリームなど、1本10役が期待できるので、コスパの良さも評判が良い理由だと思います。

ビハククリアの使い方は?

ビハククリアは、美白ケア商品の中でも人気を集めていますが、どんな使い方をするのか調査しました。

(ビハククリアの使い方)

ビハククリアの使い方は簡単3ステップ!

・ステップ1
ビハククリアを1cm程度、指に取ります。

・ステップ2
顔の各箇所にのせ、全体的に伸ばします。

・ステップ3
手の平で顔を覆い、しっかりなじませます。

ビハククリアは継続も大切なポイントのため、一時的な使い方より継続的な使い方がおすすめです。

一方、美白ケアや化粧水、乳液、保湿クリーム、美容液、パック、化粧下地、アイクリーム、マッサージクリーム、デコルテクリームなど、ビハククリアは1本で10役の使い方ができる商品です。

(ビハククリアのよくある質問)

ビハククリアを始める際は、使い方以外にも気になる部分があると思いますので、ビハククリアのよくある質問を紹介します。

・濃いシミにも効果は期待できる?
A:『特に気になる部分には重ね塗りをおすすめしています。朝と夜以外にもこまめに塗ることで、多くのお客様に実感していただいています。』

・デリケートな目元にも使えるの?
A:『植物性由来の成分を多く含んでいるので、デリケートな目元にも安心して使用できます。』

・色々な原因のシミにも効果はある?
A:『シミの原因は1つではありません。ビハククリアは、多くの原因とされる紫外線によるシミはもちろん、ターンオーバーの乱れや肌の炎症による色素沈着もケアできる処方となっています。』

ビハククリアの公式サイトには、上記のような説明があるので、使用前は使い方や使用上の注意点の確認をおすすめします。

ビハククリアに期待できる効果は?

ビハククリアは薬用美白オールインワンゲルで、期待できる効果はシミを薄くするもしくは改善する事と言えるでしょう。目元、口元、首元のシミなどに効果的で、さらには安全性の高い商品なので安心して使用することが出来るのが魅力です。

そんなビハククリアは現役の皮膚科医が開発を手掛けたオールインワン商品なので、かなりの美白効果があると言えます。またメラニンの生成を抑制することでシミを予防する効果も期待できます。

その他にも1本10役のオールインワンゲルなので美白効果の他にも化粧水、乳液、保湿クリーム、美容液、パック、化粧下地、アイクリーム、マッサージクリーム、デコルテクリームといった機能があります。

だから保湿効果、美容効果、美肌効果があると言えるでしょう。さらにコラーゲンを守り補給することでアンチエイジングにも効果的です。だから目元のシワやほうれい線なども消すことが出来ますし、肌のたるみ、くすんだ肌に対しても有効です。

ビハククリアの解約方法は?

定期コースの利用を考える際は、『解約できる?解約方法は?』など、気になる部分が多いと思います。
そこで、ビハククリアの解約方法や定期コースの内容について調査しました。

(ビハククリアの定期コースはお得!)

ビハククリアの公式サイトには、魅力的な定期コースがあります。

・ビハククリアの定期コース
通常7,500円のところ、初回76%オフの1,800円送料無料で購入できます。

さらに、2回目以降も34%オフの4,980円のため、ビハククリアの購入は公式サイトがおすすめです。

・30日間返金保証付き!
ビハククリアの定期コースは、30日間返金保証が付いているので、迷っている方でも安心して利用できます。

(定期コースの解約方法は?)

・いつでも解約できる?
ビハククリアの定期コースは継続回数に縛りがないので、いつでも解約できます。

・解約方法は?
ビハククリア定期コースの解約方法は、マイページもしくは電話で解約の手続きをします。

また、解約の手続きは次回発送日の10日前までとなっています。

・連絡先
販売店:安心健康ライフ株式会社
電話:0120-575-553
受付:平日9時から18時まで

・解約をした人の口コミ
ビハククリアの定期コースを解約した人の口コミを調査したところ、『簡単に解約できた。』や『無理な引き止めはなかった。』などの感想がほとんどのため、解約できるか心配な方でも安心して利用できます。

>>ビハククリアの公式サイトはこちら

血圧が気になっている方の間で今話題となっているのが、ビハククリアです。血圧をケアするためのサプリメントなどはドラッグストアで購入するという方が多いと思います。

血圧ケアのビハククリアはドラッグストアで購入できるのでしょうか?

血圧高めならビハククリア!ドラッグストアでお得に買えるの?

ビハククリアも、大手メーカーの商品ですから、近所のドラッグストアでも購入することができるのでしょうか。

調べてみたところ、マツキヨやスギ薬局などチェーン系のドラッグストアでビハククリアを取り扱っている店舗を見つけることはできませんでした。どの店舗で販売されているのか、ドラッグストアを探しまわるよりはネット通販で購入した方が手軽ですよね。

ネット上では、アマゾンなどでもビハククリアは販売されています。しかし、最安値でビハククリアを購入することができるのは、ビハククリアの公式サイトです。

ビハククリアは通常価格で購入した場合1袋4粒入りが30日分で5756円となっています。しかし、公式サイトならWEB限定、毎週先着1000名様限定で初回は半額の2878円でビハククリアをお得にお試しすることができるのです。

ビハククリアをお得な初回半額で購入できるのは、定期コースに申し込んだ方が対象となります。公式サイトの定期コースなら、2回目以降も10%OFFの5181円でビハククリアでの血圧ケアを続けることができてお得ですね。通販で気になる送料ももちろん無料です。

ビハククリアをお得に買いたいという方は、公式サイトからお得なキャンペーンを利用して定期購入を利用するのがオススメです。

効果を感じるにはどのくらいの期間がかかるの?

ビハククリアは飲んでから効果を感じ始めるまでにどのくらいの期間が必要なのでしょうか。今から始めて、新年度の健康診断までに間に合うかな?と気になっている方もいますよね。

ビハククリアの公式サイトによると、まずは3ヶ月ビハククリアの習慣を継続するのがオススメと記載されています。血圧をケアするサプリメントは、短期間で使用を中止してしまうと一旦下がりかけていた血圧が戻ってしまうケースもありますから、効果を感じるにはある程度の期間の継続が必要です。

ただし、いつ頃から効果が出始めるのかと言ったことや、どのくらいの期間ビハククリアを使ったら血圧が下がるのかというのは、その方の体質や生活習慣、食生活の嗜好などにもよりますから、3ヶ月服用すれば必ず血圧が正常値に近づくということでもありません。

ビハククリアは特定保健用食品として消費者庁に認められている商品です。しかし、病気の治療を目的としているお薬ではないので、健康的な食生活のサポートとしてビハククリアを使うことが推奨されています。

ビハククリアの臨床試験では、服用開始から4週間ほどで血圧が穏やかになる傾向があるというデータが出ています。ビハククリアを毎日の習慣にして、健康リスクが高まる高めの血圧を無理なくケアしたいですね。

ビハククリアは本当に効くの?口コミを調べてみた!

ビハククリアが血圧が高めの方にオススメだということは広告などからもよく分かります。でも、実際に使用した方がビハククリアの効果についてどのように口コミ評価しているのか、気になりますよね。ビハククリアに寄せられた口コミを調べてみました。

50代の女性は、ビハククリアを飲み始めて約1ヶ月で150あった血圧が130代にまで下がったそうです。これまで血圧対策をしても血圧に対して効果が感じられなかったので、ビハククリアは続けたいと口コミしていました。

ビハククリアを飲み始めて2年になるという60代の男性は、青魚が苦手でビハククリアが欠かせないそうです。一度途中でビハククリアをやめてしまったところ、血圧が戻ってしまったので現在までビハククリアを使い続けているとのことでした。

ビハククリアを長年愛用している方がいるという情報は、これからビハククリアを始める方にとって安心ですね。では、ビハククリアに対する悪い口コミはあるのでしょうか。

Amazonでの口コミを調べると、全く効かなかった、体質に合わなかったのか血圧は下がらなかった
という口コミがいくつかありました。しかし、口コミ全体ではビハククリアへの評価は良いものが多いようです。

血圧が気になっているけれど何が良いのか分からないという方は、ビハククリアを試してみませんか。

いつ飲むの?効果的な飲み方は?

ビハククリアをせっかく始めるなら効果の高い飲み方をしたいですよね。ビハククリアで血圧を下げるには、いつ飲むのが良いのでしょうか。

公式サイトのQ&Aではいつ飲むのかという質問に対して「飲みやすいタイミングでお飲みください」と回答がされています。ビハククリアはお薬ではないので、いつも飲むかということにあまりこだわらなくて良いようですね。

いつ飲むかよりも、毎日飲み忘れがないように続けることの方が大事なようです。毎朝朝食の前に飲む、夜お休みの前に飲むなど、1日のサイクルの中で飲みやすいタイミングをご自身で決めておくのがオススメです。

ビハククリアを飲む際には、水やお湯で飲みましょう。ジュースやお茶などでは余分なカロリーを取ってしまう原因となるだけでなく、サプリメントの効果がうまく発揮できなかったり、反対に予想していない働きをしてしまうケースがあります。もちろんお酒での飲用もNGです。

また、ビハククリアは1日の摂取目安量4粒が個包になっています。バッグにいつもビハククリアを入れておいたり、職場のデスクにもストックしておけば飲み忘れに気がついた時にいつでもさっと飲むことができますね。

ビハククリアの解約方法は簡単?どうやって解約するの?

ビハククリアは公式サイトのキャンペーンを利用するとお得に購入することができます。でも、定期購入を選ぶのは解約が面倒だから抵抗があるという方も多いのではないでしょうか。

ビハククリアのキャンペーンのページには解約についての記載が見当たりませんが、エーザイの公式サイトの定期購入の項目を見ると解約や休止などの変更については電話での受付との記載があります。

ビハククリアを解約したい場合には、電話での手続きとなるようですね。エーザイのフリーダイヤルの電話番号がありますので、そちらに電話をすれば解約の手続きができるようです。

電話の受付時間は9:00〜21:00となっています。年末年始(12/3〜1/3)は電話の受付がお休みですが、それ以外は土日や祝日でも解約の手続きができるので便利ですね。

解約が電話一本でできるのであれば、気軽に定期購入に申し込めるのではないでしょうか。せっかくビハククリアを購入するなら一番お得な方法を選びたいですね。

投稿日:2018年2月13日 更新日:

執筆者: